アーカイブ2021.10

萩創生講義を開講します

萩創生講義とは・・・

森林資源を起点に、地域資源の利活用・デザインをする上での根幹となる考え方や手法を学びます。また、今行われている挑戦をそれぞれ共有し、互いに学び合い、つながりをつくり、今後、萩市の地域資源の活用について具体的に考え実践することができる人材育成を目指しています。

 

 萩市は、市域の約8割を森林が占め、富んだ地形と豊かな自然環境に恵まれた地域であります。スギ・ヒノキを中心とした豊富な人工林資源を有しているものの、周辺地域の生産・流通の大規模化に伴い、これら資源の価値が埋没し、地域の魅力となってない状況にあります。また、高校及び大学を卒業する若者を始め人材が市外流出しているなど、地域の担い手確保が困難となっています。
そこで本講義では、萩市がこうした森林資源の循環的な活用を中心とした持続可能な地域づくりに取り組む方々を育てる事を目的としています。萩地域で事業・活動をされている方、また萩地域と関わりを持っていただける地域外の方々を対象に、今後、萩市の地域資源の活用について具体的に考え実践していく機会をつくり、本講義で得られた学び・つながりが地域を育て、次世代へ継承され、持続可能な地域づくりが行われていくことを目指しています。

 

講義内容

全5回(202110月末〜2022年3月予定)

 

1回:地域環境論

日時:1026日(火)18:30〜20:30 実施済み

会場:サンライフ萩 教養文化室3(萩市土原526)

講師:竹本吉輝 ㈱トビムシ代表取締役 ㈱萩・森倫館取締役

内容:環境問題、地域における経済循環、森・自然と暮らし・生業の関係性を考える

 

2回:地域貨幣論

日時:1217日(金)18:30〜20:30

会場:サンライフ萩 教養文化室3(萩市土原526)

講師:新井和宏氏 ㈱eumo代表取締役

内容:共感資本社会、共感をベースとして経済活動を含む様々な活動をしていける社会。自律し、創造性を発揮する個人、組織・コミュニティを育てていくために考えること

 

3回:地域建築論

日時:1月21日(金)18:30〜20:30

講師:塚本由晴氏 建築家/アトリエ・ワン主宰

会場:調整中

 

 

4回:持続可能な暮らし論

日時:2月16日(水)18:30〜20:30

講師:堀田三佳氏 一般社団法人エシカル協会 事務局次長/エシカル・コンシェルジュ/Climate Reality Leader

会場:未定

 

5回:報告意見交換会

日時:2月下旬~3月上旬

内容:4回の講義を経て、参加者それぞれが、できること、描く未来について共有し意見交換を行います。

 

■受講形態

2時間程度を予定しています。

・萩市内の会場を基本とし、新型コロナウイルスの影響により緊急事態宣言等の自粛要請が決定された場合、zoomによる開催も検討いたします。

・講義ごとに「講義シート(講義の要旨、感想)」に記入し、事務局にメールで提出いただきます。

・第5回にて、4回の講義を経て考えたアクションやビジョンについて発表いただきます。

 

 

 

募集要項・応募方法

 


募集期間2021年10月21日(木)18:00締

開催日程

2021年10月~3月 全5回(月1回平日開催 各1日間)

各回 18:30~20:302時間程度)


カリキュラム

10月26日(火) 地域環境論

12月17日(金) 地域貨幣論

1月中旬 地域建築論

2月中旬 持続可能な暮らし論

2月下旬~3月初旬 報告意見交換会


会場

萩市内

※基本的に座学となります。


受講料

無料


募集人数

20人

 

募集多数の場合、応募動機をもとに、今後、萩市周辺の地域循環の実践や連携による貢献期待度の観点で選考させていただきます。萩地域外からの参加も歓迎します。


受講資格

・萩市及び萩地域で事業・活動を行っている事業者・個人

・萩市の森林・木材活用の連携を希望する萩地域以外の事業者・個人

 

※原則すべてのプログラムに参加できる方を優先します。


応募方法

下記申込フォームからご応募ください

https://forms.gle/cxtJG43nhoDLzes98

 

申込締切:10/21日(木)18時 

定員になり次第締め切ります。申し込みフォーム送信後1日以内に結果をご連絡します。連絡がない場合、事務局までお問い合わせください。

事務局へは下記メールよりお問合せください。


運営

主催:株式会社萩・森倫館、萩市役所  協力:株式会社トビムシ


問い合わせ先

事務局

萩・森倫館 infohagi-shinrinkan.jp